過去最高額のロレックスはいくらですか?

ロレックスの過去最高額はいくら?

ロレックスは、世界で最も著名で人気のある高級時計ブランドの一つです。その時計は、その精度、耐久性、美しさで知られています。ロレックスの時計は、投資目的としても人気が高く、一部のモデルはオークションで非常に高値で落札されています。

歴代最高額のロレックスウォッチ

ロレックスの過去最高額は、2017 年にジェネバで開催されたフィリップス オークションで、2439 万スイスフラン(約 29 億円)で落札されたポール・ニューマンが所有していた「ポール・ニューマン・デイトナ」です。この時計は、ポール・ニューマンが妻のジョアン・ウッドワードからプレゼントされ、40 年間大切に着用していました。

他にも高額で落札されたロレックスとして、以下のようなものがあります。

ロレックス デイトナ 激安 レファレンス 6239:2018年にオークションで1775万スイスフラン(約21億円)で落札。元々は俳優のポール・ニューマンが所有していた。
ロレックス ディープシー チャレンジ:2019年にオークションで1160万スイスフラン(約14億円)で落札。ジェームズ・キャメロンの潜水調査で使用された時計。
ロレックス デイトナ レファレンス 6265:2019年にオークションで370万スイスフラン(約4億円)で落札。ロレックス初の自動巻きクロノグラフモデル。

ロレックスのプレミア価格

ロレックスの時計は、一般的に定価よりも高いプレミア価格で取引されることがよくあります。これは、ロレックスの人気、限定生産、生産コストなど、さまざまな要因によるものです。

ロレックスの時計は、世界中のコレクターや愛好家によって高い需要があります。そのため、一部のモデルは定価よりもはるかに高い価格で販売されています。また、ロレックスは、生産数を制限して、時計の希少性と価値を維持しています。さらに、ロレックスの時計は、高品質の素材と複雑なムーブメントを使用して製造されており、これもプレミア価格に貢献しています。

ロレックスの投資価値

ロレックスの時計は、投資目的としても人気が高まっています。一部のモデルは、長期的に価値が上昇しており、資産価値として保有することができます。しかし、すべてのロレックスのモデルが投資に適しているわけではないことに注意することが重要です。

羽田空港ロレックス在庫

羽田空港には、ロレックスの在庫を販売する店舗が数多くあります。これらの店舗では、さまざまなロレックスのモデルを販売しており、最新作からヴィンテージモデルまで取り揃えています。

羽田空港でロレックスを購入する利点は、免税でお得に購入できることです。また、豊富な品揃えから、自分にぴったりのロレックスを見つけることができます。

羽田空港でロレックスの在庫を探すには、こちらをクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です